2009/3/20 金曜日

計るだけダイエット!

Filed under: ダイエット100選候補, アシスタントdai — dai @ 0:29:39

【計るだけダイエットの概略】
計るだけダイエットでは、毎日2回の体重測定を行い、日々の体重の動きをグラフ化(視覚化)することにより、日々のダイエット問題を解決していくダイエット方法です。自分の体重が減っているのを確認し、日々の小さな成功体験を味わいながら楽しく取り組みましょう!

【計るだけダイエットの手順】
●朝・夜の2回の体重の記録を毎日つける
朝はトイレ後の体重を記録する。夜は夕食後の体重を記録すること。朝の体重はその日の基準になります。

●朝・夜の体重差は約500g
朝と夜の体重では、夜が重いはずです。しかし体重差が1kg以上である場合は、過剰なエネルギー摂取があったと理解しておきましょう。

●体重差が1kg以上あった場合の対処法
翌日いつもより運動量を増やしたり、食事制限を行うなどして、前回よりも体重差を縮めるよう努力しましょう。
【グラフの見方】
●朝と夜の体重が共に落ち、ゆるやかな右肩下がりのグラフ
計るだけダイエットにおいて理想的なグラフです。食事や運動も適量に行えるている証拠です。停滞期に備えて今のペースを維持しよう!

●朝と夜の体重差が大きく、右肩上がりのグラフ
体重が増え始めているサインです。基準となる朝の体重が前日より増え始めている人も太る傾向に入っています。毎日の食生活を見直し、間食や食べすぎを止め、適度に運動するよう心がけよう!

●朝と夜の体重差は少なく、急激な右肩下がりのグラフ
体重が減っていますが、急激なダイエットを行っている可能性があります。無理なダイエットはリバウンドが激しく、また体にも大きな負担をかけます。ゆっくり時間をかけてダイエットを行うよう心がけましょう!

●同じ増減パターンが繰り返されるグラフ
「停滞期」を表すグラフです。グラフに変化があらわれず、記録していても楽しくないかもしれませんが、ダイエットには停滞期はつきものです!停滞期はいつか抜け出せるので、焦らないで辛抱強くやりぬきましょう!
【その他行うと良い事】
●その日あった事を日記でしるそう
「飲み会があった」「運動しなかった」など、その日あったことを記入しておくことで、ダイエットに関する問題点が顕著化します。

●最小メモリ50gのデジタル体重計を使おう
細かい体重を量れることで、ちょっとした変化にも気づいたりできます。

 

河口先生、添削お願いします。

(無断転載は堅く禁じます)

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.153 sec. Powered by WordPress ME