2009/3/18 水曜日

薬膳カレーダイエット

Filed under: ダイエット100選候補, アシスタントdai — dai @ 21:39:39

【薬膳カレーダイエットの概要】
一般的にカレーはカロリーが高く、油分も多いのでダイエット中は敬遠されがちです。しかし作り方を変えればダイエットに役立つヘルシーメニューになります。なぜなら、カレーには脂肪燃焼効果や免疫力アップ、整腸作用などを促す、ダイエットに役立つ様々なスパイスが入っています。また辛味成分は発熱を促すので、エネルギー消費にも役立ちます。今回はそんなダイエットに役立つカレーの作り方を紹介します。yynyy.jpg

【薬膳カレーの作り方】
1.市販のカレールーを使用しない
カレーをヘルシーにし、薬膳までにするためには、カレー粉を中心にして香味野菜や乾燥スパイスを使ってルーを作らなくてはいけません。

〜スパイスの選び方〜
●脂肪を燃焼したい時
トウガラシ、しょうが、ターメリック(ウコン)、ブラックペッパー、マスタード、しょうがなどの香辛料を多く入れます。

●胃腸を整えたい時
カルダモン、コリアンダー、オールスパイス、キャラウェイ、フェンネル、シナモン、ローリエなどの香辛料を多く入れます。
2、野菜と肉を煮込む
栄養バランスを考慮したうえで、野菜と肉をいれましょう。生では食べにくい野菜もカレーといっしょに煮込むことでたくさん食べることができ、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に摂取することが可能になります。ただし、肉はダイエット中なので脂肪分が少ないものを選びましょう。

3、白米を玄米へ
ダイエット効果を上げたい方は白米を玄米に変えると効果的です。玄米は低カロリーで食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエットには嬉しい食品です。

 

河口先生、添削お願いします。

(無断転載は堅く禁じます)

カレーって実際作り方によっては、ダイエット向きの料理になるんだよね。でも、カレーの最大の弱点は刺激が強すぎることなんだ。その点カレー好きは要注意。どういう意味かというと、カレー好きの中にはお腹がすいたからカレーを食べるのではなく、刺激を求めてカレーを食べる人がいるということだ。結局、その人にとって食事の娯楽性が増せば、その分余計な食事が増えるってことなんだな。わかるかな?

http://dietguide.jpに載せるときはその辺を説明しないといけないよね。(河口)
 

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.085 sec. Powered by WordPress ME