2009/6/30 火曜日

タヒチアンダンスダイエット

エクササイズには大きく二通りの系統に分けます。一つは体内に酸素を取り組みながら体を動かす有酸素運動(ゆうさんそうんどう)系。そして二つ目は瞬間的に力を込めて運動する無酸素運動(むさんそうんどう)系です。

 

有酸素運動系では酸素を取り込みながら直接脂肪を燃焼させる効果があり、スピディーに痩せれるメリットがあります。

 

一方、無酸素運動系では筋肉が発達させやすく、筋肉のエネルギー消費量のおかげで痩せやすい体質(基礎代謝が高い体)になるメリットがあります。

 

ダンス系のダイエットでは主に有酸素運動系に属します。その中で注目されてるのがこのタヒチアンダンスダイエット。タヒチアンダンスは有酸素運動の効果が最も高いダンスの一つといわれているからです。

 

特徴として、テンポの速いドラムのリズムに合わせてヒザを軽く曲げたまま腰回りを激しく動かすことにあります。また腰の動かし方は前後、8の字(ヴァル)、左右に腰を突き出すV字(タイリ)、前後左右の四角など様々なバリエーションがあり、そのため普段はあまり使わない腰回りのインナーマッスル(内層筋)も動員された激しい有酸素運動が可能となります。そのためこれらの動作は常にひざを曲げて行います。その結果、人間の筋肉のうち最も大きい筋肉である脚の筋肉も効果的に刺激します。

 

情熱的で激しいダンスであるため、始めのとっつきにくさは確かにありますが、ハマってしまえばスリムかつウエストのくびれ間違いなしの最強エクササイズをマスターしたことになります。

 

そろそろダイエトガイド.jp(http://dietguide.jp/index.html)にダンス系ダイエットが載ってもいいころじゃないでしょうか?河口先生よろしくお願いします!!

次のページ »

HTML convert time: 0.087 sec. Powered by WordPress ME