2009/6/10 水曜日

イージーウェイ(ト)

イージーウィエとは、ヨーロッパを中心に世界中にワークショップを持つ禁煙指導者アレン・カー氏が、禁煙するための方法論をダイエットに応用し作り上げたダイエット法です。

 

イージウェイの大原則は、「人間が動物として本来食べるべき食べ物を食べる時に食べる」です。

 

「動物として本来食べるもの」を具体的にあげると、「野菜、果物、ナッツ類」と、少しの加工で食べれる「ナッツ類以外の植物の種、穀物類」です。これら以外の加工食品はジャンクフードと分類し食べないように心がけます。特に食べてはいけない食品は、「肉類、乳製品(牛乳も含む)」です。アレン氏が言うには、本来人間は肉食ではないため肉の消化が苦手である事と、人間以外の哺乳類は成人すると乳を飲まない(飲めなくなる)からだそうです。また、飲み物は「きれいな冷たい水」がベストであり、カフェインを含む飲み物(紅茶やコーヒーなど)は依存症を引き起こすので出来るだけ飲まないようにもします。

 

次に食べ方としては、人間にとって最も好ましい食べ物であるフルーツを食べる時、それら以外は一切口にしてはいけません。最低でも30分程度はほかの食べ物を避けるように心がけましょう。特にオススメの食べ方としては、1日のスタートである朝食をフルーツで始めることがイージーウェイの第一歩となります。

 

その他注意点としては、消化に必要とする酵素が異なるタンパク質(肉・魚・乳製品)や炭水化物(パン・米・パスタ・ジャガイモ・コーンフレーク・穀物類)は同時に食べないようにしましょう。

 

以上がイージウェイの要点となります。これらのルールを完全に守るのは少々ストイック的ですが、7割程度従うだけでも自然に体重コントロールができると言われていますので挑戦してみてはいかがかな。

 

 

河口先生、この記事の補足分をダイエットガイド.jp(http://dietguide.jp/)でよろしくお願いします。

次のページ »

HTML convert time: 0.084 sec. Powered by WordPress ME