2009/4/11 土曜日

冷却シートダイエット

Filed under: ダイエット100選候補, アシスタントdai — dai @ 1:00:48

【冷却シートダイエットの概略】
代謝が上がることはダイエット中にとってはうれしいこと。そこで今回紹介するのは、四国学院大学でスポーツ科学を教える漆原光徳(うるしばらみつのり)教授が推奨する背中に冷却シートを貼るというダイエット法。

このダイエット法の理論は、背中に集中する「冷点」と呼ばれる冷たさを感じる場所に冷却シートを貼ります。その結果、体脂肪を使って熱を発生させるUCS(脱共役タンパク質)という物質を活性化させることにあります。要するに、冷却シートの作用により、実際には寒くないが、体に外は寒いと勘違いさせ、寒さ対策として体温を上げさせる(エネルギーを無駄に消費させる)ということです。

【冷却シートダイエットの効果】
このダイエット法を実践した場合、個人差はありますが1日あたり約100kcalは余分にエネルギー消費を促します。暴飲暴食をしていない状態であれば約2週間経過後、徐々に体重が減り始める人が多いそうです。冷却シートダイエット中に、適度な運動を組み合わせれば更に効果アップが見込めます。

【冷却シートダイエットの手順】
1、コンビニや薬局などで、市販の冷却シートを購入する。

2、冷却シートを背中のけんこう骨の上あたりに、左右対称に2枚ずつ(合計4枚)貼ります。
【注意点】
●張る場所を間違えない
冷却シートを貼る場合、首や肩にかからないようにする(あくまでも背中)。

●背中に冷たさが感じない場合
冷却シートを貼った場所の下に、更に4枚並べて貼りましょう。

●体を上手にダマす
寒さを感じないまま行えば効果は期待できません。また寒すぎる場合は、体が本格的な寒さ対策として体全体に脂肪をつきやすくする可能性が出てきます。温度調整は上手に行いましょう。

●貼り替える
冷却シートの効果が無くなったら、起きている間はずっと交換し続けてください。

●寝るときははずす
睡眠の妨げになる恐れがるので、寝る前にはちゃんとはずしましょう。
【漆原光徳(うるしばらみつのり)のプロフィール】
漆原光徳(うるしばらみつのり)。宇都宮大学を卒業後、筑波大学大学院にて体育学修士
を修得。現在は四国学院大学教授。

著書に「大学ダイエット講義/二見書房」「スポーツの倫理/不味堂出版」「子供のスポーツ、その光と影/不味堂出版」などがある。

 河口先生、添削お願いします。

(無断転載を堅く禁じます。)

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.116 sec. Powered by WordPress ME